ミッドライフクライシスから 「後悔しない私の人生」を構築する ライフコーチ / 爲定時 (TOKI TAMESADA)オフィシャルサイト

 

シリア刺繍を日本に持ってきた理由

 

 

刺繍なら、日本にも素敵な作家さんたちが沢山いるのに...

なんで、あえてシリア刺繍を日本に持ってきたか?

30秒動画作ってみました♪

 


 

 

動画で見きれなかった文章を文字起こししてみました^^

 

戦争や難民といったイメージが強いシリア
でも、本当はそれ以上に素敵なところがいっぱいある

伝統工芸品である可愛い刺繍アイテムを日本に持ってくることで
ポジティブな側面から光が当てられるんじゃないか?と思った。



何より、刺繍をみたときに「これを日本で売ったら楽しそう!やりたい!」って素直に心がときめいた。

そして…リアルな話(笑)
限られた立ち上げ資金の中でできる
・コンパクトで
・消費期限がないもの、が良かった。


最初のときめきはやっぱり大正解で毎日手元にあるはずなのに、いちいちキュンとする可愛さ
そして感動する繊細さ

何より「こんな素敵なものを日本に持ってきてくれてありがとう」といってくださるお客様がいらっしゃる。

もっともっとシリア刺繍が広まりますように。

 

 

 

 

 

 

シリアは、都市そのものが世界遺産登録されるくらい美しい国。

 

その美しさが、人間によって壊されていようとしていて

調べれば調べるほど、状況に愕然とした。

 

 

 

と、同時に

日本人の中でシリア=テロ・戦争という

イメージが濃いことも知って「それだけじゃない!」って悔しくも感じた。

 

日本=ヤクザって思われると

いやいや!温泉もあるし和食も美味しいしさって悔しくなるのと同じ感じindecision

 

 

 

 

そこで「シリアの美しいもの」を

日本に持ってきたら、インパクトを与えられるのではlaugh

楽しそう!やりたい!と思った。

 

売り手である私が、楽しめないことには長続きしないし

ある種「シリアの美しいもの」に失礼かな。とも思ったから

この時の「楽しそう!」はいい感覚だったと思っている。

 

↓ネックレスの作業途中

 

 

調べると「シリアの美しいもの」は

螺鈿・寄木細工・刺繍・石鹸などが出てきたsmiley

 

個人で始めるし

少ない少ない貯金を使って始める予定だったので

コンパクトなもの(輸送費をなるべくかけないように)

消費期限のないものを最初に選んだ。

 

 

それが、シリア刺繍heart

 

 

 

しかも、何よりも・・・

当時、自分自身が新婚だったこともありエピソードにキュンと来たんです。

 

将来の旦那さんの結婚式の衣装に、刺繍を施す習慣もあって

刺繍の技術を彼や、彼の家族に示す意味も込められているとか・・

 

アハラームの作家さんも

ご結婚される方に、こんなウォールアートをプレゼントされていたりします!

これはLanaさんの作品。

 

 

そこで、Instagramで調べてみたら

シリア刺繍の作家さんたちが

商品カタログのようなアカウントそれぞれお持ちだったんです。

 

そこから、作品もお人柄も素敵なお三方に出会えましたsmiley

 

しかも...偶然!?必然!? 皆さんご親戚同士という奇跡。

 

 

 

戦争で傷ついた国のポジティブな側面に光を当てたいんです。

 

 

お客様が「え!ほしい♪」と

思うような可愛いものを作る!

そして、それが「ニュースで戦争の報道されてる、あの国のものなの?」となると...

 

お客様も視野が広がり…

世界の可能性を感じて…

優しくなれるし、お互いを尊重し合おう!って心に平和が生まれると思ってます。

 

 

長くなりましたが・・・

私がシリア刺繍を日本に持ってきたい♪と思った理由でした^^

 

 

 

 

 

『Ahlam (アハラーム)』

◆Made in シリアの月×お花アート刺繍
◆頑張るあなたへ!応援メッセージを込めたデザイン
これらが特徴の刺繍アイテムブランドです。

 

BASE・Creema・minneからご購入いただけます。
販売している商品は同じものです。
クーポンやポイントをお持ちの方など、ご用途に合わせてショップをお選びください♪
 

 

 

 

 

 

◆お取扱実店舗 /卸売販売のご案内 >>こちら

 

 

 

爲定 時のInstagram
 
 

 

 

 

自分が難しい...!? 「自分が難しい...!!」 大阪の講座も先日終えて...これからも 毎月リアルの講座を!と思っていたのですが コロナの感染‥ 続きを読む
「好き」なことを「好き」と言えない人へ 「え?大丈夫?」 今年、1月13日に起業した私は 起業してから、一ヶ月も経たない頃。 ‥ 続きを読む
結果がどうであれ、幸せ! 宝塚音楽学校という狭き門。 「西の東大」なんて言われたりもするものです。 全国各地から、才能に溢れた人たちが ‥ 続きを読む
死ぬ瞬間の5つの後悔とは 長年緩和ケアに関わってきた ブロニーウェアさんが書かれた本。 「死ぬ瞬間の5つの後悔」 亡くなる直前の患者さんたちに 「人生で後悔している‥ 続きを読む
優しすぎて、しんどくならないでほしい 宝塚時代から 仕方なく伸ばしていたロングヘアを バッサリと切って 念願のショートカットにして間もない ‥ 続きを読む

最初192021222324最後