「私」を生きると決めた女性のための場所 / 叶羽時 (TOKI KANOHA)オフィシャルサイト

2020年の感謝と、抱負

 

 

2020年、残りわずかですね。

私ごとですが、28日で宝塚卒業して1年が経ちました。

(感謝の気持ちは当日のFacebookにて...)

 

 

 

卒業してから、今日までの1年間

今までの人生で一番頑張った1年間でした。

 

今年の自身の「頑張った」というのは

歯を食いしばって、睡眠時間を削って

死に物狂いで...

という、身を削る頑張り方ではなく

 

『質の良い努力』を積み重ねられた

と、感じています。

 

 

 

 

頑張らなきゃ。やらなきゃ。ではなくて

『頑張りたい。やりたい。』

 

自発的にどんどん動きたくなる環境に

自分を置く事ができました。

 

 

 

それは、紛れもなく...

いつも応援してくれる家族。

 

 

 

そして、何より...

「起業」という選択を選び

新たな世界で出会うことのできた

皆さんの存在があったからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

100年に一度とも言われている

ウイルスショックに

世界中が、あたふたした一年でした。

 

 

 

どうしようもなく、不安になったり...

 

お門違いにも怒りという感情が湧いてきて

どこに向けたら良いのか、分からなかったり...

 

未来のことを、考えることが苦痛になったり...

 

精神的に疲れて

どうしようもない期間も

何度も何度も...何度もありました。

 

 

 

 

「人に幸せを導くはずの私が

こんなんじゃ、もうダメだ」

そう、へこたれる時もありました。

 

 

 

 

それでも

『前進したくて堪らない』状況に

自分を戻してくれた

皆さんに感謝しています。

 

 

 

 

 

 

講座も、オンラインサロンも

3ヶ月みっちり人生を構築するスクールも...

 

直接はお会いできないし

お話しできないけど

メルマガを読んでくださっている方も...

 

皆さんから、改めて

「私」を生きることの素晴らしさ

学ばせていただきました。

 

 

 

来年も引き続き

『自分の人生を愛せるようになる』

女性を増やすために...

 

 

 

 

より一層

このメソッドを広めていきます。

 

 

 

今年一年、活動する中で

「このメソッドは貢献できる!」と

確信を得られた場面が何度もありました。

 

必要としている人に...

優しく届けたい。

そう、心から思います。

 

 

 

 

現代に生きる女性が

ステキに、キラキラ輝きますように...

 

 

Recommend Column

結果がどうであれ、幸せ! 宝塚音楽学校という狭き門。 「西の東大」なんて言われたりもするものです。 全国各地から、才能に溢れた人たちが ‥ 続きを読む