「私」を生きると決めた女性のための場所 / 叶羽時 (TOKI KANOHA)オフィシャルサイト

受講者の方への愛情が溢れて...

 

昨日の講座に参加してくださった方

一人一人の存在が愛おしくて

たまりませんでした。

 

オンライン講座だから

三重、長野、愛知、兵庫と距離は離れているけど...

 

 

休憩中に楽しく雑談されているお姿だったり...

 

 

お一人の方が涙ながらに、悩みを打ち明けられて

みんなで解決しよう!と一生懸命に耳を傾けて

考えて、アドバイスしてくださったり...

 

(固定の人間関係ではないからこそ

思い切って、打ち明けてくださったのかな。と。)

 

 

そして、後半は涙を流しながら

私の話を聞いてくださっていたり...

 

 

 

 

 

 

みんな一生懸命、生きていて。

だから、もっと良くしたい!

楽しくしたい!と考えて、悩んでいて。

 

そんな、一人一人の存在が

愛おしくてたまりませんでした。

 

 

 

 

 

 

あんなに、幸せな時間を

参加してくださった皆さんと

一緒に生み出す事ができて...

 

私自身も悩みながら、迷いながら

この講座やスクール

オンラインサロンを運営してきて

 

本当に良かった!

もっともっと、やれる事をやって

幸せを届けたい!

そう、心から思いました。

 

 

 

 

本当に幸せだった。

 

 

 

 

 

大袈裟すぎて、笑われるかもしれないけど

「生きていて良かった」と

感じました。

 

自分自身に

「今まで一生懸命、人生を育ててきたね」

って褒めてあげる事ができました。

 

 

 

 

 

少しだけ、受講者の方の感想を...

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな、遣り甲斐と生きがいと

幸せを感じた、2時間の講座でしたが

終わって余韻に浸った後に

ふと、思いました。

 

 

 

 

 

「受講者の方、一人一人が愛おしい」って

思ったけど...「愛情」って..

 

こういうタイプの愛情もあるのね。

 

 

 

 

 

 

過去に、「愛」について

時間を忘れるほど

調べた時期があったからです。

 

 

 

宝塚、入団6年目かな。

 

 

 

当時、舞台で演じた役が

愛をお金で買っている女性だったから...

 

愛よりお金。になったしまったのは

自分の父が自分を愛していたのか

分からない。という

自分の親への不信感がきっかけでした。

 

そんな自分の生き方に

違和感をどこか感じながらも

 

でも、この生き方を変えられない。

そんな女性でした。

 

ただ、一人の男性が「愛して」くれて

ずっと探し求めていた「愛」を知って

ベトナムのハロン湾で

命を落とす女性だったのですが...

 

 

(未だに、ハロン湾がテレビで

出てくると「.....ここで死んだことある。」

と反応してしまう)

 

 

 

 

 

 

 

その時、本名の自分も

「愛」を理解していない!と

気付いて。

 

 

必死のパッチで(←関西弁。)

調べましたねぇ。

 

 

一日中、梅田の蔦屋やら

丸善やらに篭って、本を探したり

図書館に通い詰めたり

数え切れないほど、映画を見て

ドラマを見て...。

 

 

 

 

東京公演中の休演日の夜。

寝る前に、調べていたら

「これ良さそう!」と思える本を見つけて

閉店間際の本屋さんに

「今から、この本買いに行くので

お店、開けててください!」

って電話して、パジャマで

夜の東京を爆走して。。

 

買ったその日に

ほぼ徹夜で読み切って

翌日の公演に挑んだり...。

 

(杏さんと、蒼井優さんのエッセイだったな...)

 

 

 

 

フロムの「愛の本質的要素」を

勉強したり...

(賢くない私には理解できず。)

 

あと、なに読んだかなぁ...

最早、思い出せないくらい。

 

 

 

 

 

この時は、恋愛の「愛」について

調べていたわけですが...。

 

「愛情」って一杯一杯

形があるじゃないですか。

 

どれにも共通して言える事を

見つけられました。

 

 

 

 

 

愛とは、離れてあげること。

 

 

 

 

 

遠くから見守っていて

危ない時には、駆け寄って

助けてあげる。

 

 

ずーーっと、べったりじゃなくて

お互いが自立していて

同じ方向を見つめている事を

理解している。

信じている。信頼している。

 

 

離れていても

そこに確かな信頼感があることこそが

「愛」なんだなぁ。と。

 

 

 

 

 

もし、今。

 

 

パートナーと上手くいかなくて

悩んでいたり..

 

仲良かったはずの

友人と何だかギクシャクしていたり...

 

反抗期のお子さんに

嫌気が差していたり...

 

逆に両親に対して

妙な不信感が生まれていたり...

 

 

そうやって

「愛情」が不確かなものに

なりつつある人は

 

相手を信じて離れてあげる事

 

 

大切だと思うなぁ。

 

 

 

『「私」らしく生きる心の整理術講座』お申し込みはこちら

 

Recommend Column

「心の豊かさ」と言われてもピン!と来ない人へ! 「私」を生きるスクール 4期生の皆さんが卒業されました (かわいい可愛い、娘さんまで 一緒に参‥ 続きを読む
自分を剥いて、剥いて、本当の自分と出会う ワークショップを開催しました (今後の日程はこちら) このワークショップでの内容は ‥ 続きを読む
自分の人生は、自分が引っ張っていく スクール4期生の3日目でした。 「私」を生きるスクールは ”人生を育てる”だけで‥ 続きを読む